2009年12月28日 (月)

San Diegoにて

4ヶ月以上ぶりの更新です。

違うブログを立ち上げようとしたものの、数回で挫折。やはり今年の締めはこのブログで

今はSouthern CaliforniaのSan Diegoにいます。今日やっと写真入りの運転免許証が届きました。12日前に実地試験を受けて合格したので、首を長くして待っていた免許証。今まではパスポートを常に持ち歩いていたのです。この免許証がないとクレジットカードもなかなか作れません。

アメリカでの生活立ち上げは、クレジットヒストリーがないことが非常に重荷になります。何を契約するにも日本円で言うと数万円単位のDeposit(手付金)を取られる。携帯電話でも、光熱費の支払でも。それでなくても海外引越で出費がかさむのに

幸い、ダンナの知り合いのつてでクレジットカードは渡米後2週間で作れたものの、支払いに関していろいろと面倒なことがあったりして、苦労の連続。

大変だったことを書き連ねるとキリがないですが、最近は穏やかに生活が送れるようになっているので、こうしてブログまで更新してしまう余裕に自分で驚きます。

先週からDVD宅配のNetflixにも入会して映画を3本観ました。映画なんて何ヶ月ぶりかしら!映画を観ない期間がこんなに長かったのは私の人生で初めてかもしれません。

さらにAmazonのKindleを購入し、大好きな作家Don Winslowの小説"Dawn Patrol"を読みました。何が嬉しいって、Kindleには辞書機能があり、分からない英単語があってもクリックすればすぐに意味が分かってすぐに読み進められるんです。私にとって洋書を読むときの一番のネックが解消され、しかも住んでいるSan Diegoが舞台のミステリーなので、とても楽しく読みました。

字幕の仕事はしばらくお休みです。早いうちに就労許可をとろうと思っていますが、こちらの保育料はバカみたいに高いので、子育てすることが一番の節約。面白いドラマを見つけたら、個人的に字幕をつけてみようか、なんて思ってます。

みなさま、よいお年をお迎えください。

|

2009年8月24日 (月)

渡米決定

とうとう渡米の日が決まりました。

先週、すぐには使わないものを船便で出してからは、不要な本やモノを処分することに明け暮れました。

いやはや、本は重い!

マンション2階から駐車場まで、何回も何回もダンボールを持って往復したせいで、船便を出した翌日も腰痛でカイロプラクティックに駆け込んで鍼治療。だいぶ良くなったと思ったら、今朝からまた痛みだし、歩くのがやっと。

それはともかく、渡米後しばらくは字幕の仕事もできないので、このブログもお休みです。

新天地での生活を別のブログで書く予定ですので、こうご期待

|

2009年8月 2日 (日)

エレベーターでの会話

スーパーのエレベーターに、娘2人と乗っていたときのこと。

初老の女性が乗ってきて言いました。「まあ、かわいいお嬢ちゃんたちね」

「ありがとうございます」と私。

「うちの息子は50過ぎてるのに結婚してなくて、孫がいないのよ」

そうつぶやいて降りていきました。

ほんの少し同じ空間を共有しただけですが、ディープな会話でした

子供を連れていると声をかけられることが多いのですが、時々はっとさせられることがあります。今は無我夢中で子育てしてるけど、後から思えば楽しかったなぁと思えるのかも。

|

2009年7月22日 (水)

ビバ、SST!

初めてSSTを使って仕事をしました。

スポッティングもやることになり、かなり緊張。初めてなだけに、イマイチうまくInとoutが取れません。クライアントにも「スポッティングが甘い」と注意されました。

それにしても、SSTを使っての字幕作業、楽しいです

翻訳しながら、画面上で字幕が出るのがいい。翻訳と同時に仮ミックスですよ!

さらに字数をオーバーすると警告が出るのがいい。字数、指折り数えなくていいんですよ!

これから、ガンガン使おうと思ってます

|

2009年7月 7日 (火)

映画「水の花」

久しぶりに、ぐっとくる邦画を見ました。

木下雄介監督「水の花」。あらすじを公式サイトから。

<以下、引用>
幼い頃に母親に捨てられた中学生の美奈子(寺島咲)と、その母親が父親とは別の男との間に生んだ小学1年の優(小野ひまわり)。めぐり会うはずもなかったふたりは運命に引き寄せられるように、小さな町の片隅で出会う。母親(黒沢あすか)は自分を選んだのではなく、妹を選んだ。妹に対する抗えない暗い感情と嫉妬。あるいは収まることのない、母親への憎悪。しかし誰も存在しないかのような夜のショッピングセンターの片隅でふたりが出会った時、運命は回りだす。そして深夜バスと列車は、ふたりを大人の世界から切り離すように海へといざなって行く。東北の海岸沿いにある、今は亡き祖父母の家でつかの間の時を過ごすふたり。優を世話することで美奈子は“母”となり、同時に幸せだった幼い頃を追体験しつつ、時に残忍な表情を表す。
<引用おわり>

ピアノの音と、波の音が耳から離れません

無駄なセリフもカットもない。だからこそ映像から眼が離せない。

しばらく前から、雑誌やウェブや新聞などで紹介されて面白そうだと思った映画と本をシステム手帳に書き留めて、少しずつ観たり読んだりしています。よっぽど興味を持った作品だけを書くようにしているので、あまりはずれがありません。そうして「水の花」のような作品に出会えました。

やはり時間は作るもの。“忙しい”は理由になりませんね!

|

2009年5月31日 (日)

健康第一!

今日は数年ぶりの健康診断へ。

朝ご飯を食べないとダメは私に「朝は食べずにお越しください」という指示は過酷。いつもは2人の娘を私が保育園に送っていきますが、今朝は次女だけ送り、長女は夫に頼みました。

バリウムは相変わらず不味い!マンモグラフィーは痛い!この2つ、どうにかならないでしょうかね

とにかく、あとは結果を待つのみ。何も問題ないことを祈ります。

この待ち時間に読んでいたのは「またの名をグレイス」。

またの名をグレイス 上Bookまたの名をグレイス 上

著者:マーガレット アトウッド
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

カナダでは有名な女殺人犯の実話に基づく物語です。翻訳がすばらしくて、とても読みやすい。興味ある翻訳本は、まず和訳を読んでから原書を読んでみようかな、と最近思ってます。きっと、訳語の選び方において参考になる部分が多いのではないでしょうか。

さあて、字幕の仕事もがんばるぞ!

|

2009年5月13日 (水)

熊本そして福岡

GW、九州に行ってきました。

大好きな漫画家の井上雄彦氏の「最後のマンガ展」を見るためです。
上野でやってたとき、そこまで混んでいると思わずに当日行ったら長蛇の列。
泣く泣くあきらめたのですが、今度は熊本でやる、ということを知り即チケット購入。

わざわざ熊本まで、と言われそうですが、いやはや、行く甲斐ありました。実に素晴らしかったです。
絵自体が大きくて迫力ある、ということもありますし、照明も計算されていてお見事。

暗い通路を抜けるとそこには母親に抱かれた武蔵の姿、私は思わず涙してしまいました。

これは早朝に羽田から熊本に飛び、昼食は紅蘭亭で熊本名物、太平燕(タイピーエン)を食した後のこと。この太平燕、すごくおいしくて、福岡に行く前にもう一度食べました。

翌日は阿蘇へ。写真は草千里ヶ浜です。

Dscf2159

自然いっぱいに広がる場所は、やっぱり気持ちがいい 長女と一緒に馬にも乗りました

帰り道、なんと激しく雹(ひょう)が降ったんです。氷の粒がバツバツ車に当たって少し怖かった

そして翌日、福岡へ。おいしいとんこつラーメンが食べたい!と思いましたが、なんせ子供連れなもので落ち着いて食事ができません。最後の最後、東京へ帰る前の昼食だけ、私と夫が交代で子守りをすることにしてラーメンを食べました。一人一人の席が仕切られている、かなり有名な「一蘭」というお店です。一人でゆっくり食べられるんだ、という嬉しさから替え玉まで完食。自分の胃袋にびっくりです。

びっくりといえば、この旅行でびっくりしたことが2つ。

1)トヨタのヴィッツの燃費のよさ。プリウスなら、もっとすごいんだろうか。

2)日頃、手がかからない次女。飛行機では全然寝ないわ泣くわで、こっちがぐったり。子供の行動は予測不可能なり。

|

2009年5月12日 (火)

20年ぶりの自転車

2人の娘の保育園送迎のため、電動自転車に乗ることにしました。

いやー、気持ちいいです

自転車に乗るのは、なんと20年ぶり。大学生になってからは、徒歩か車か原付だったので。

気持ちのいい季節だから、というせいもありますが、すこぶる快適な自転車ライフです。
朝から軽く汗ばんで、新陳代謝もよくなっているような気がするのもよろしい。

難を言えば、自転車をこぐのは歩数計にカウントされないこと。相変わらず毎日8000歩を目標にしているのですが、週に3日ぐらいしか目標達成できません

保育園の送迎は毎日の日課にイヤでも組み込まれているのがいいのでしょうね。さすがに、急な上り坂を選ぶと筋肉痛になります。

うまく体脂肪率が落ちるといいのですが。現在は体脂肪率23%です。

|

2009年4月15日 (水)

一生太らない体

自分が運動不足なのは分かっていました。なので、歩数計のついた携帯を使って、何かにつけて歩こうとしています。でも40歳を目前にして、肩凝りはひどい、腰は痛い、血の巡りが悪くて冷え性、と3拍子そろっているこの体をどうにかしたい、と思ったときに読んだのが

一生太らない体のつくり方 スロトレ実践編Book一生太らない体のつくり方 スロトレ実践編

著者:石井 直方
販売元:エクスナレッジ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

週に2回、30分ほどの運動をします。読みながら、「これなら私にもできる!」と心でガッツポーズしました。最近、9時に寝て4時か5時には起きているので、朝、ちょこっと運動するのはそれほど大変ではありません。年末年始に風邪を引いて胃腸が弱ってから、なぜか体重がどどっと減りました。それはもう不健康な感じに体力が落ちて、腰のあたりがギシギシいってる感じ。やはり筋力をつけないといけませんね。このスロトレを習慣化して、筋力アップに励みます。

本つながりで、久しぶりに読んだ本の紹介を。

シモネッタのデカメロン―イタリア的恋愛のススメ (文春文庫)Bookシモネッタのデカメロン―イタリア的恋愛のススメ (文春文庫)

著者:田丸 公美子
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

イタリア語通訳の田丸公美子さんの爆笑エッセイです。ステキな革製品がたくさんあって、パスタがおいしい国、というだけで大好きなイタリアですが、これを読んでますます好きになりました。

イタリアつながりで、井上ひさし氏の本も。

ボローニャ紀行Bookボローニャ紀行

著者:井上 ひさし
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

サッカーの中田選手がいた街、ということしか知らなかったボローニャの魅力を語った本。死ぬ前に絶対に訪れてみたい街の1つになりました。

漫画がはじまるBook漫画がはじまる

著者:井上雄彦 伊藤比呂美
販売元:スイッチパブリッシング
Amazon.co.jpで詳細を確認する

詩人である伊藤比呂美さんの「SLAM DUNK」の読み込みっぷりに脱帽。この対談を会場で聞いているような気分になる本です。井上雄彦氏の「最後の漫画展」、上野で開催されているときに行ったのですが混んでいて入れなかった。今度、熊本で展示があるということを知り、GWに行くことにしたんですよ、うふふ 

続いて、映画。

フィクサー [DVD]DVDフィクサー [DVD]

販売元:東宝
発売日:2008/09/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ジョージ・クルーニーもいいけど、この映画はやっぱり助演女優賞をとったティルダ・スウィントンが絶品。宇宙人みたいなのに、不思議とエロスがある人。

つぐない [DVD]DVDつぐない [DVD]

販売元:ジェネオン エンタテインメント
発売日:2008/09/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

すんごくイギリスっぽくて、キラキラしてて美しい場面が多いのだけど、かなり切ない映画でした。キーラ・ナイトレーって、あれだけスレンダーなのに色っぽい。見応えある1本でした。

ここ数ヶ月でこれしか読んでない、観てない、というのも悲しいですが、時間をもっとうまく使っていきたいものです。

|

2009年3月30日 (月)

やはり、手に職だな!

まだアゴの傷が完全に治りきらない蒼井尚子です。
せっかくマッサージクリームを買ったのに、押すと痛くて使えない

次女の保育園が決まり、今はその準備でミシンが大活躍。
去年の夏、ふと思い立って子供服を作ったのですが、その時に覚えた技術が役に立ちました。

技術といえば。

2月末ぐらいから、ヤフーオークションの世界を知りました。
こんなに大きなマーケットだとは 本当に何でもあるんですね。

最初はベビー用品を中古でいいから安く買いたい、と思い、落札を試みたのですが、
だいたいどの品物も、夜の10時から12時ぐらいが終了時間。

そんな時間、私、起きてません
子供2人を寝かせて自分も寝てます

競り落とすバトルは、かなり激しいものがあるらしいですね。
「ヤフオクで高く売るコツ」という中には必ず「週末の夜を終了時間に」とあります。

私は昼間、即決価格で落札するしかありませんでした。

そして今度は出品者になってみようと思い、準備を開始。

オークションは、手順を覚えて、自分でテンプレートを作っておく必要があります。
「高く売るコツ」などはネット上に溢れていますが、だいたい言っていることは同じ。
これと思った情報を随所にちりばめ、あとは落札を待つのみ。

終了時間はお昼休みの正午から1時、にしました。

どうせそんなに売れないだろう、とダメもとで出品したので、次々に
落札の知らせがきてビックリ

オークションの出品も、ひとつの技術=手に職、と言える気がします。
かなり手間がかかるので、時間に余裕があるときしかできませんが、
これは洋裁も同じこと。

自分にとっては不要なものでも、誰かにとっては必要なものであり、それがお金になる。
私がもっと洋裁が上手だったら、オークションに店を開いて手作り服を販売したい、とまで
思いました。

次女の保育園が決まるまでに、私が身につけた技術はミシンとオークション。
さて、これからは、字幕制作ソフトSSTの技術を覚えなくてはなりません。
体験レッスンで、「かゆいところまで手が届く」ソフトであることを知り、
早く使いたくてたまらなかったのですが、いよいよ本番です!

|

«バキッ、ズドン、流血