« 「シュミレーション」という作業 | トップページ | ツボにずぼずぼ… »

2007年4月13日 (金)

初号試写を終えて


先日「シュミレーション」を行った作品の初号試写が昨日ありました。字幕翻訳者は試写室の片隅にある、ボックスのようなブース席に座ります。文字が読めるように読書灯のようなライトがついているんですよ。シュミレーションをしっかりやったせいか、ほとんど直しはなく、無事に終わってホッとしました。このようにプリントに字幕を入れる劇場公開作の字幕は、私の場合、年に数本しかありません。ビデオストレートの作品や特典映像などの字幕が多いからですが、それだけに「初号試写」ができるというだけで感無量。これからも、もっと劇場公開作品の字幕をやれたらいいなーと思ってます。

休む間もなく翻訳は続きます。今、翻訳している作品に"honda"という単語がでてきました。日本で"honda"といえば自動車の本田Hondaですが、ここに出てきた"honda"はカウボーイが使う投げ縄のループ部分のこと。ずいぶん意味が違いますよね。こういう小さな発見があるのが、この仕事の楽しいところです。

|

« 「シュミレーション」という作業 | トップページ | ツボにずぼずぼ… »

「字幕翻訳という仕事」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197281/6081414

この記事へのトラックバック一覧です: 初号試写を終えて:

« 「シュミレーション」という作業 | トップページ | ツボにずぼずぼ… »