« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月28日 (月)

世界を飛び回る夢

ちょうど私が中学生になった時に始まったフジテレビ「なるほど!ザ・ワールド」のレポーターに憧れました。「ひょうきん由美」こと益田由美さんの体当たりレポートが楽しくて、毎週欠かさずテレビにかじりついて見てました。母が「兼高かおるの世界の旅」のファンで、小さな頃から世界中を飛び回って各国を紹介するステキなお姉さんに自分もなりたいな、と思ったものです。世界を旅するなら、やはり現地の言葉ができたほうがいい。中学で英語の授業も始まったので、NHKのラジオ講座を聞き始めたのもその頃です。

字幕翻訳家よりレポーターになりたい気持ちが強かったら、今ほど難関ではなかったであろう女子アナの試験も受けていたでしょうか?女優のスーザン・サランドンが「女優以外の職業で就きたい仕事は?」と聞かれて、「プロフェッショナル・トラベラー」と答えていました。これは彼女の願望なのですが、「たくさんのお金をもらって、世界中の国を訪ねて、そこの慣習を覚える」という夢のような仕事。チャンスがあるなら、私もぜひやりたいですね。好きな映画が撮影された場所を訪れる、というのもステキ。「世界の映画ロケーション辞典」という本があるようなので、今度買ってみようと思います。

|

2007年5月20日 (日)

着物の話

2月から着付け教室に通っています。将来、海外に住みたいという夢があるため、着物ぐらいひとりで着られるようになろうと決意しました。何せ「いざという時に着られればいいや」という軽い気持ちだったため、着物を買おうとは思っていなかったのです。

しかし先日、着付け教室で着物を購入できるチャンスがありました。事前に何も聞いていなかった私は、とりあえず好みの色を羽織らせてもらい、「これ全部でいくらですか?」と聞いたら「50万円弱です」という返事。ラップトップパソコンが2台以上買えますよね(実は今欲しい)。でも、その時に羽織ってみた感じが悪くなかったので、ここはひとつ、自分で着物を買ってみようと思い立ちました。羽織ってみた高い着物は丁重にお断りしましたが。

着物雑誌「七緒」から、「はじめての私の着物」、「着物がくれるとびきりの毎日」、「平成着物図鑑」その他もろもろ、たくさん読みました。写真やイラストが多くて、ページをめくるだけで楽しい。どんどん着物の世界にハマっていくのを感じました。今はリサイクルやオークションがあるので手軽に買える着物が多いと分かり、とりあえず安堵のため息。そして極めつけに面白くてためになったのが林真理子さんの「着物の悦び」でした。彼女のエッセイは前から好きでほとんど読んでいましたが、特に本作は、着付けに通い始めて、そろそろ何か欲しいなという人向けに書かれているため、まさに私にうってつけ。この本に出会えてよかった。

テレビや映画や日常でも、前とは違って、和服姿の人は食い入るように見つめてしまいます。近くアメリカに行ってしまう友人KTさんと久しぶりにランチをした際、彼女も着物を着ると知り、今度絶対に着物で集まろうと誓いました。彼女が日本に一時帰国した時までに着物を買っておかなきゃと思うと、余計に心が高ぶります。きっとそのうち「あの着物を買うために、仕事頑張るぞ」なんて思うんでしょうね。

|

2007年5月17日 (木)

お肌の曲がり角をとっくに過ぎて

今日は美容について。私はほとんど化粧をしないので、基礎化粧品にはかなりこだわりがあります。化粧を始めた大学時代&化粧をしていたOL時代は資生堂、クリニーク、クラランスを主に使っていました。独立して、ほとんど家から出なくなってからは基本的に化粧はせず、せいぜいUVクリームに粉をはたく程度。だからこそ基礎化粧品には気をつかい、今までアウェイク、アユーラ、コスメデコルテ、ディオール、ヘレナ、ランコム、SKⅡ(なぜか五十音順)など、かなり幅広く試してみました。雑誌を読むとすごく効果がありそうに思える化粧品(どれもそうですよね)も、使ってみると???という場合が多く試行錯誤を繰り返す日々。

ある日、無印良品で化粧品ラインを発見。無印らしくシンプルなパッケージでお手頃価格ですが、洗顔からパックまでひととおり揃っています。全ステップ買っても、有名ブランドの夜用クリームの値段にも届かないほど財布に優しいため、買ってみました。香りも私好み。冬に乾燥しまくる私の肌をしっかり守ってくれました。使い始めて半年ですが、とても肌の調子がいいです。偉いぞ、無印!株を買おう、と思ったりして。

基礎化粧品と同様にこだわるのが、ボディケア用品。これまたボディローションは無印良品が優秀ですが、ハウス・オブ・ロゼのボディ用スクラブ「Oh, baby!」がすっごくいい。今、期間限定でグレープフルーツの香りが出ていたのでそれを買いました。何ともキメの細かいスクラブで、お肌のザラつきをやさしぃく取ってくれます。前から気になっていたこの商品、もっと早く買えばよかった。ボディスクラブは粒が粗くて肌が赤くなったり、匂いがダメだったり、今まで失敗が多かっただけに今回の発見はとても嬉しいです。

美容は、まさに自己満足の世界。それだけに満足できる商品に出会うと飛び上がるほど嬉しいものです。

|

2007年5月16日 (水)

またまた本の話

仕事が一段落したので、昨日からはリラックスして部屋の片付けや読書などをしています。

荻原浩の「四度目の氷河期」、おすすめです。渡辺謙主演映画「明日の記憶」の原作者としても有名な、今とても売れている作家ですが、彼の作品は「あの日にドライブ」を読んだだけでした。「四度目〜」は、ある少年の成長記ですが、胸にズシンとくる記述が随所にあります。特に「他人と比較しなければ貧乏も不幸せもない」という言葉、効いたなぁ。

そして今朝、雨でwalkingに行けなかったため、朝風呂につかって汗を流しながら東野圭吾の「使命と魂のリミット」を読破。江戸川乱歩賞を彼が受賞した時からずっとファンで読み続けてますが、今回の作品は「ふうん」という感じでした。個人的な趣味ですが「宿命」「白夜行」「秘密」などが好みですね。

先日、今年の江戸川乱歩賞受賞作が発表されていました。受賞作は毎年必ず買って読んでいますが、「このミステリがすごい!」でも面白いミステリ本がたくさん紹介されるので、まさに読みたい本が山積み。本棚が足りません。マンガのレンタルサービスに加入したので、マンガは増量に歯止めがかかりそうです。

|

2007年5月15日 (火)

左利き

私は文字を書く時だけ左利きです。ゴルフもテニスも、お箸も右。今、とても気に入っている女性シンガーの柴田淳(通称:しばじゅん)さんのPodcastを聴いていたら、彼女も左利きだとか。小さい頃、自分の名前を鏡文字のように書いてしまい、文字は右で書くように矯正したそうです。左利きで不便だと感じたことは殆どありませんが、よく映画にも出てくる(大学の授業シーンなどに多い)右側に小さなテーブルがついたイス、あれは困ります。左側についたイスもあるべきだと常々思ってますが、左側についたものは今まで一度も見たことありませんね。不思議だ!

柴田淳さんの歌はメロディも歌詞も、とてもステキ。「あなたとの日々」と「花吹雪」が特にお気に入りで、一度気に入るとひたすら聴きまくるタイプの私はずっとリピートです。もう四半世紀近く前の大ヒット曲「ルビーの指環」も、iPodのお気に入りにちゃんと入れてありますけど。あの頃の寺尾聰って今の私より若いんだけど、やたらとおじさんに見えたっけ。今はすっかり名優ですもんね。ザ・ベストテンの赤いビロードのイスが懐かしい。Monkeymajikの「Picture Perfect」と「Fly」、チャットモンチーの「シャングリラ」もよく聴いてます。

|

2007年5月11日 (金)

歩け歩け!

今までの私は歩きませんでした。スーパーへの買い物も車かスクーター。ただでさえ座ったままの仕事なのに、フィットネスクラブに入ってるからいいや、と思っていたのです。フィットネスクラブなんて行けても月に2、3回なのに。

今の仕事の何がいいって、ストッキングをはかなくていいことです。6年弱のOL生活で一番イヤだったのがストッキングでした。その上、ちゃんとした靴もはかなくていい。天国だ!しかし、時々エステに行くと言われるのが「むくんでます?」という一言。ええ〜、分かりません。だって、いつもサンダルなので、むくみを感じないんですもの。でも冷え性と便秘には悩まされていました。

そう、ここまで書けばお分かりでしょう。私は血の巡りが悪い女なのです。その事実に目を背けて何十年・・・。さすがにこのままではマズいと思った37歳の私は、去年の11月に歩数計を買いました。もし20代に気づいていたら、もっといい体になっていたのに、と悔やまれます。一日どのくらい歩いているのか試しに計ってみたら、たったの1800歩ぐらい。ウォーキングの本を読むと「毎日1万歩を目標にしましょう!」などど書いてある。だから始めました。ウォーキングを20〜30分やった日でも、せいぜい8000歩程度なんですけどね。フィットネスクラブは退会しました。

ウォーキングを始めたついでに、体内から浄化しようと(そう、デトックス!)漢方薬を煎じて飲み始めました。女性専門の漢方薬局で、中国人女性の先生に処方してもらいます。毎日夕方、50分近く煎じ詰める作業は面倒といえば面倒ですが、習慣にしちゃえば大丈夫。飲み始めてすぐ毎朝便意を催すようになり、「ああ、私の体にもようやく流れができ始めたのね」と大いに安堵しました。便秘を治す成分はまったく入ってなくて、血の巡りを促す成分がそうさせているらしい。強烈な色と匂いも慣れてしまえば、ちょちょいのちょいで飲めます。

美と健康の追求は果てしない。でも、すごく楽しい。目下のテーマは、いかに顔と手のシミを消すか。昨日から美白パックをしていますが、白いシートを貼った私の顔を見て娘が怖がって泣きそうになってました。いない時にやろうっと。

|

2007年5月10日 (木)

字幕作品の紹介

私が字幕を担当したテレビ映画「ニーベルングの指環」が今週末5月13日(日)午後0:00からWOWOWで放映されます。「ターミネーター3」で女性ターミネーターを演じたクリスタナ・ローケンが女王役ですが、彼女のハスキーな声はとてもステキ。強い女王なので、字幕はかなり男っぽいしゃべり方にしました。お時間ある方、ぜひご覧ください。

得意なジャンルは恋愛ドラマ&家族ドラマですが、ファイナンシャル・プランナーの資格を3年前に取得したので、金融関係の作品にも興味あります。妊娠・出産・子育て&結婚、離婚に関しても詳しいので、今後は「お金と子供に強い字幕翻訳家」を看板にしようかしら?

|

バリ島は楽しかった!

ゴールデンウィークは、まさに黄金の休暇でした。バリ島は3年ぶりですが、ホテルから出なくても楽しめる、というか全然外に出たくない私。朝食からバッチリ食べて、昼からビール。夜もお酒&たらふく。炊事洗濯、食器洗い、何もしなくていいのってまさに天国!もう帰りたくない…。

本も読みました。島本理生の「生まれる森」、道尾秀介の「シャドウ」、奥田英朗の「家日和」、佐藤多佳子の「神様がくれた指」、瀬尾まい子の「優しい音楽」の計5冊。軽いタッチの小説が多かったですが、久しぶりにまとめて読書ができただけで満足。

日本に戻ると、一気に現実に引き戻されます。日焼け止めを塗ったのに、顔はもちろん、なんと手にまでシミが。ああ、年を感じる瞬間。しかも体重が2キロ増えてる。気を取り直して、GW前に翻訳を終えた作品の仮ミックスチェックをしました。そして今日は2週間ぶりの合気道に行き、今度受ける試験(おそらく5級だと思う)の練習。これに受かれば、道場の壁にある○段とか○級の脇に自分の名前を書いた板を並べてもらえるのです。頑張らねば。

| | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »