« 左利き | トップページ | お肌の曲がり角をとっくに過ぎて »

2007年5月16日 (水)

またまた本の話

仕事が一段落したので、昨日からはリラックスして部屋の片付けや読書などをしています。

荻原浩の「四度目の氷河期」、おすすめです。渡辺謙主演映画「明日の記憶」の原作者としても有名な、今とても売れている作家ですが、彼の作品は「あの日にドライブ」を読んだだけでした。「四度目〜」は、ある少年の成長記ですが、胸にズシンとくる記述が随所にあります。特に「他人と比較しなければ貧乏も不幸せもない」という言葉、効いたなぁ。

そして今朝、雨でwalkingに行けなかったため、朝風呂につかって汗を流しながら東野圭吾の「使命と魂のリミット」を読破。江戸川乱歩賞を彼が受賞した時からずっとファンで読み続けてますが、今回の作品は「ふうん」という感じでした。個人的な趣味ですが「宿命」「白夜行」「秘密」などが好みですね。

先日、今年の江戸川乱歩賞受賞作が発表されていました。受賞作は毎年必ず買って読んでいますが、「このミステリがすごい!」でも面白いミステリ本がたくさん紹介されるので、まさに読みたい本が山積み。本棚が足りません。マンガのレンタルサービスに加入したので、マンガは増量に歯止めがかかりそうです。

|

« 左利き | トップページ | お肌の曲がり角をとっくに過ぎて »

「観た映画、読んだ本」カテゴリの記事