« 顔&しゃべりかたアミーゴ | トップページ | 仕事がないときの心理状態 »

2007年6月25日 (月)

ボキャブラリを増やそう

ユアン・マクレガーの出世作「トレイン・スポッティング」で、「ズリネタ」という言葉を初めて知りました。字幕は石田泰子さんで、さすがだなぁと思ったのを覚えています。もっと下ネタ系の言葉も蓄えなきゃいけないと思い、「官能小説用語表現辞典」という本を買ってみました。官能小説に出てくる男性器、女性器などを表す単語が、これでもか!というくらいのバラエティで載っています。まさに言葉の「秘宝館」(注:入ったことはないですよ)。でも、それを眺めるように読んでいると、あまりイヤらしく感じないんですね。あまりに羅列されると感覚が麻痺してしまってダメなのかもしれません。

イラストレーターの石川三千花さんが書いた「ラブシーンの掟」という本は、映画の中のメイクラブをテーマにしてます。イラストはもちろん、彼女ならではの切り口がとても面白い。「こんなところまで見てたのか!」と思わずうなってしまうほど、観察眼が鋭いです。女優ローラ・ダーンの口が「ゴムみたい」とか、ぴたりと当てはまる言葉が出てくるのもすごい。エッチな世界は奥が深そうなので、これからも言葉の探検を続けようと思います。

|

« 顔&しゃべりかたアミーゴ | トップページ | 仕事がないときの心理状態 »

「字幕翻訳という仕事」カテゴリの記事