« サンディエゴ旅行記その2 | トップページ | 私のドラマ遍歴 »

2007年9月28日 (金)

2ヵ月半ぶりのウォーキング&「グレイズ・アナトミー」3

つわりが始まってからは、パタリとやめていたウォーキングに行ってみました。なんと2ヵ月半ぶり。涼しくなったこともあるし、iPodを聴きながら歩いてみたいという気持ちに従って外にでたところ、思った以上に気分爽快。歩く気にすらならなかった夏は終わり、だんだん前向きになってきたのを実感しました。さすがにお腹は大きくなってきて、歩く時に前のめりになりがちだけど、天気がいい時にテクテク歩くというのは精神衛生上とても良いようです。明け方、「むむ、これは胎動だろうか?」と思われる下腹部の動きがあってびっくりしました。最近便秘なので腸の動きかもしれないけど。早いもので、もう妊娠5ヵ月。

サンディエゴで購入したDVDは「デスパレートな妻たち」シーズン3と「グレイズ・アナトミー」シーズン3。「グレイズ3」は10月13日からWOWOWで始まるのだけど、せっかちな私は先週から今週にかけて全25エピソードを観ました。うーん、やっぱり面白い。英語字幕なので電子辞書片手に観ていますが、ずっと英語で観ているとヒアリング能力が格段にアップするのが実感できます。自分も英語がペラペラにしゃべれるような錯覚(!)に陥るんです。「グレイズ」は医療の専門用語が多くて困るけど、そのへんは適当に流して、日常会話をお勉強。最近読んだ「1日30分を続けなさい!」(古市幸雄著)でもDVDの英語字幕を使った英語学習法を勧めていたけれど、これは私も納得です。

しかし、テレビドラマを観始めると、最後まで観ないと落ち着かないのが困ったところ。本当はやるべきことがあるのに、それを全部後回しにして観てしまいました。そして「グレイズ」が終わった今、次に控える「デスパ3」。これまた強烈な吸引力で私を誘惑します。とりあえず来週はDVDお休みweekにしよう・・・と思いつつ、きっと我慢できないような気がして怖い。それならいっそ、来週で全エピソード観てしまおうか。仕事とは関係ない作品だと、「私ならここはこういう日本語字幕にするなぁ」なーんて、字数に構わず考えられるのも楽しいんです。余談ですが、整形外科医役マーク・スローン演じるエリック・デインは、すっごくカッコよくて私好み。性格の悪いところが、余計にそそるんだなぁ。

|

« サンディエゴ旅行記その2 | トップページ | 私のドラマ遍歴 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事