« クリント・イーストウッドのインタビュー | トップページ | ああ、病児保育! »

2007年11月20日 (火)

「ブラザーサンタ」の字幕をやりました

12月1日から全国公開される「ブラザーサンタ」の字幕をやりました。私にとっては初めての全国公開作品です。ワーナー・ブラザース映画は年末年始の作品が非常に多く、急遽公開となったため、私にチャンスが回ってきた、というわけ。ちょうどスケジュールが空いていたのも運が良かった!独立して9年目、石の上にも3年×3。静かにガッツポーズ。
「ブラザーサンタ」の公式ページ(英語版)http://fredclaus.warnerbros.com/
ワーナー・ブラザース映画/近日公開予定作品 http://www2.warnerbros.jp/comingsoon/

全米でも興行成績3位にランクイン。“サンタクロースには、出来の悪い兄貴がいた!”というコメディで、主演は早口で字幕翻訳家泣かせのビンス・ボーン、「サイドウェイ」のポール・ジアマッティ、さらにはケビン・スペイシー、レイチェル・ワイズ、ミランダ・リチャードソンという豪華な顔ぶれ。何よりすごいのが、プレゼントを作る工場のシーン。子供がサンタに手紙を書き、それが北極の郵便局に届いて仕分けされ、プレゼントはすべてエルフが真心こめて手作り、という過程が描かれます。最後にはホロリとさせる楽しい映画なので、クリスマス前にぜひご覧あれ!

自分がいったい何歳までサンタを信じていたのか、まったく覚えていません。もうすぐ4歳になる娘に「サンタさんに何をお願いする?」と聞いたら「リカちゃんのウェディングドレス」という答え。今年はちゃんと靴下にプレゼントを入れてあげようと思ってます。

|

« クリント・イーストウッドのインタビュー | トップページ | ああ、病児保育! »

「字幕翻訳という仕事」カテゴリの記事