« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月30日 (日)

ゆったりとした大晦日

今日で2007年も終わり。お腹が大きいことを言い訳に大掃除は適当に済ませ、太陽の光がさんさんと差し込む暖かいリビングでブログを書いています。今日は朝9時からオープンしていたスーパーで年末年始の買い物を済ませ、娘のおもちゃ類を整理して少しホッとしているところ。

クリスマス前の連休に、四国旅行に行きました。愛媛の松山にある「伊丹十三記念館」を訪れ、これぞこだわりの男という感じの生き様を見てから、道後温泉でゆっくり。

翌日は香川に入り、「日の出製麺所」でうどんを食べました。ここのうどんが美味しいかった!その後、「イサム・ノグチ庭園美術館」へ。雨の中の見学は子供連れには少しつらかいものがありましたが、かなり素晴らしい美術館でした。その後、屋島のホテルに向かったのですが、そのホテルの場所が分かりにくくて苦労しました。レンタカーにカーナビがついているものの、殆ど役に立たない!濃い霧が立ちこめる中、屋島の合戦の舞台となった不気味な屋島ドライブウェイを抜け(本当に怖かった)、ようやく到着。かなり寂れたホテルで、翌朝すぐにチェックアウト。

徳島に向かい、阿波踊り観光会館から出ている眉山ロープウェイに乗りました。旅行の1週間前に映画「眉山」を見て感動し、急遽徳島にも寄ることにしたのです。時間があったので、徳島駅前のカラオケに行きました。娘はカラオケデビュー、私も出産後初めてなので4年以上ぶり。ピンクレディーの2人が画面で踊ってくれるのに大感激し、お腹が大きいことも忘れて踊ってしまいました。いやー、ストレス発散になりましたよ!夜は阿波地鶏を食べられるお店に行って、ジューシーな鶏肉をたらふく食べました。地元では一緒に生キャベツを食べるんですね。すごくおいしかった。

翌日は鳴門海峡に行って「アジアで一番長いエスカレーター」に乗り(エスカレーターで料金をとられたのは生まれて初めてだ!)、寒々しい展望台でうず潮ができるはずの海を見てから、徳島ラーメンを食べました。かなりおいしいです、醤油ととんこつが混じったかんじで。そして東京に戻りました。

東京に戻ってから映画「UDON」を見て(ちょっと私は共感できない映画でしたが)、二日連続で夜うどんを食べました。「かまたま」という食べ方、最高においしい!日の出製麺所のうどんを追加でネット注文しようと思ってます。

本では橘玲の「マネーロンダリング」、島本理生の「クローバー」、伊坂幸太郎の「ゴールデンスランバー」を読みました。出産前に読みたい本が山積みです。さらにアメリカのドラマ「LOST」のシーズン3も買ってしまったので、時間のやりくりが難しそう。シーズン1からもう一度見直そうか、迷うところです。

2008年は、出産までの貴重な時間を映画&海外ドラマ&読書で過ごそうと思ってます。来年も、いい年になりますように。

|

2007年12月18日 (火)

1年を振り返って

今年は妊娠発覚を境に、前半と後半でまったく違う過ごし方をした1年でした。最初の半年は、着物の着付けと合気道に熱中しました。このブログを始めたのも年の初めでしたね。自分のブログを読み返すのも面白いものです。夏のつわりを乗り切ってからは、仕事がない時は毎日のようにマタニティビクスに通い、DVDを見たり本やマンガを読む日々。高倉健さんに目覚めた年でもありました。

つい先日4歳になった娘の誕生日のお祝いとして、初めてディズニーランドに行きました。平日なのにすごい混雑。乗り物はアリスのティーパーティーとメリーゴランドしか乗りませんでしたが、パレードを見たり、キャラクターの着ぐるみに会えた娘はとても喜んでくれました。娘に関して言えば、夏頃(だったかな?)にウンチもトイレでできるようになってオムツがとれたのが大きな出来事。妹ができるということはちゃんと認識しているようですが、いざ本当に産まれたら、ヤキモチを焼くんでしょうね。

来年の抱負を考えるより、出産準備で頭がいっぱいです。産む前に確定申告、とか、すごく事務的なことばかり思い付きます。いつもは長野の白馬で過ごす年末年始も、今年は雪道で滑って転ぶのが怖いので東京にいることにしました。初めてのおせち作りに挑戦するかもしれません。

コメントを寄せてくださった方、本当にありがとうございました。来年もポツポツ書きますので、よろしくお願いします。

|

2007年12月 7日 (金)

ああ、病児保育!

「社会を変える」を仕事にする 社会起業家という生き方Book「社会を変える」を仕事にする 社会起業家という生き方

著者:駒崎弘樹
販売元:英治出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「社会を変える」を仕事にする(駒崎弘樹著)という本を読みました。子供がいる働く女性なら、一度ならずお世話になる「病児保育」のNPOを立ち上げた男性の話です。表紙では、彼があぐらを組んで赤ん坊を乗せているので「彼が父親になり、きっと奥さんも共働きで、病児保育の少なさに唖然として行動を起こしたんだろう」と思って読み始めたら、全然違う。身近な人(彼の場合、母親)から「病児保育は、必要とされているのに思うように受けられないサービスである」ことを知り、そこからスタートするわけですが、読み物としても非常に面白く最後まで一気に読んでしまいました。

私自身、病児保育には何度も何度もお世話になってます。私が住む区には3カ所の病児保育施設があり、子供が病気になった場合、自宅に近い順に電話をして預かってもらえるかどうかを聞きます。だいたい定員は5名ほどで、うまく入れる時もあれば、3カ所ともキャンセル待ちの場合も。「病気の子供は、親が世話をすべきだ」という考え、確かに分かりますが、子供はいつも「こういう時に限って!」という時に病気になるんです。私のように在宅で仕事をしている場合、預けなくても子供は寝るからいいじゃないか、とお思いでしょうが、病気の子供は必ずしも寝ません!余計に甘えてきて、仕事どころじゃありません!看病してあげたい、でも翻訳にも〆切がある、その板挟みで何度苦しんだことか。この本を読みながら、あの頃の切なさを思い出して不覚にも涙してしまいました。

そして来年3月、第二子の出産を控えている身としては、まさに病児保育は切実な問題。子供が急に熱を出してもパニック状態にならずに済む社会を望むのは欲張りでしょうか?親の甘えでしょうか?子供ができて「自分のこと」になって初めて気付く理不尽さ、多いですね。最近、お腹の中でぐにゅぐにゅと激しく動くようになった赤ん坊を「よしよし」となだめながら、子育てと仕事の両立の難しさを実感する午後でした。

|

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »