« いよいよ秒読み | トップページ | かぐわしい! »

2008年3月25日 (火)

無事出産、穏やかな日々

3月3日、予定通りに次女を出産しました。また気が狂うような日々が始まる、と覚悟を決めていたのですが、長女と違って実によく寝る子なんです。一緒にお昼寝ができるなんて夢のまた夢だわ、と思っていたのが実現するとは!授乳には時間がかかるので、お気に入りのDVDや、録りためておいた映画を見ることにしました。そうすると、昼間、軽く1本は映画を観られるんですね。

出産後に観た映画は、「ディボース・ショウ」、「天使は、この森でバスを降りた」、「ロミーとミッシェル」、「ボーン・アルティメイタム」、メリル・ストリープ主演の「殺意の香り」、邦画は「武士の一分」と「レディ・ジョーカー」。

本も読みました。白石一文の「どれくらいの愛情」「心に龍をちりばめて」、阿部絢子の「始末な暮らし」、橘玲の「黄金の扉を開ける賢者の海外投資術」など。

まだ首もすわらない赤ちゃんとの生活は、とても穏やか。2人目の余裕、というものか、やはり初めての時より気持ち的にラクです。とはいえ、早くこのブログを更新しようと思いつつ、数週間が過ぎてしまいました。考える時間がたくさんあるせいか、今後の人生のことをかつてなく考えることが多いです。そういうことも、このブログに書いていこうと思ってます。

|

« いよいよ秒読み | トップページ | かぐわしい! »

「育児」カテゴリの記事