« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月28日 (月)

イテテテテ!

授乳の姿勢が悪いのか、先週末に背中のすじを痛めました。どんな動きをしても痛くて、車に乗ることすら難しい。カイロプラクティック&鍼治療に行きましたが、すぐに治るものでもありません。なるべく痛まないようにゆっくりと体を動かすようにしました。まさに「独りスローモーション」といった感じ。

しかし乳飲み子を抱き上げたり寝かせたりするには背中や腰をどうしても使います。いつも首から腰がばりばりに張っている感じなので、まあ、どこかを痛めても不思議はない状態。せっかく運動を始めようと思っていたところなのに、出鼻をくじかれました。

少しずつ痛みが引いてきたタイミングで散歩を開始、さらに出産前まで続けていた漢方薬も再開しました。そのおかげか、頑固な便秘が改善されつつあります。

さて、非常に面白い子育て本を読んだので紹介します。薗部容子著「子供の生きる国―産んで育てて、ニッポン・イギリス・フランス」。イギリス、フランスの出産と子育てを、素直かつ現実的に体験した様子が分かります。

子供の生きる国―産んで育てて、ニッポン・イギリス・フランスBook子供の生きる国―産んで育てて、ニッポン・イギリス・フランス


著者:薗部 容子

販売元:新風舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

話は変わって今度は映画(といってもDVDですけどね)。「ウェイトレス〜おいしい人生のつくりかた」は、ケリー・ラッセル主演のコメディ。横暴な夫と別れられず、不本意にも妊娠してしまうウェイトレスの話。南部訛りが耳に優しく、ユーモアだけでなく時には毒を含んだ台詞がとても面白い。出演も兼ねた監督、エイドリアン・シェリーは去年死去。その死のいきさつを読んで、余計に残念に思いました(wikipediaなどに詳しく書いてあります)。享年40歳。

ウェイトレス~おいしい人生のつくりかた (初回生産分限定“幸せなパイのレシピブック”付)DVDウェイトレス~おいしい人生のつくりかた (初回生産分限定“幸せなパイのレシピブック”付)


販売元:20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

発売日:2008/03/07
Amazon.co.jpで詳細を確認する

この映画に出てくるパイが本当においしそう。パイって、すごく幸せが詰まってる感じがする。たるんだまま元に戻らないお腹の肉が気になりながらも、すさまじい食欲に悩まされている私にとっては罪作りな映画でした。

|

2008年4月16日 (水)

活動開始

先週から、少しずつ行動範囲が広がってきました。整体や骨盤矯正に行って、産後の体を少しずつメンテナンス。一昨日火曜日には、マタニティビクスに通っていたスタジオのベビービクス&アフタービクスを体験してきました。1人目の時は3ヶ月ぐらいから通ったのですが、2人目は早めに通おうと思っていたのです。1ヶ月以上運動をしていなかったので、かなり疲れましたが気分は爽快。週に一度の気分転換になりそうです。

さて、子育て中の女性におすすめの本を一冊紹介します。ドイツ人男性と結婚し、ドイツで3人の娘さんを育てている川口マーン惠美著「母親に向かない人の子育て術」。彼女の母親としての心の持ちようは、非常に参考になりました。

今日は長女が保育園の「よもぎ摘み」に参加するため、梅とゆかりのおむすびを用意しました。午前中は雨が降らなかったので、無事に摘めたかな。今頃は、摘んだよもぎで草餅を作っているかもしれません。

産まれて一ヶ月半の次女は相変わらずおっぱいをよく飲み、顔がどんどん下膨れになっているような気がしますが、元気でいてくれればそれでよし、ですね。happy01

|

2008年4月 8日 (火)

1ヶ月検診

先週、次女の一ヶ月検診に行ってきました。退院時の体重が2750グラムだったのが、今や4400グラムまで増えていてびっくり!おっぱいをよく飲むとは思っていたけどこれほどとは思いませんでした。小児科医の先生に「何も問題ありませんよ」と言われるとたかをくくっていたところ、「心臓に雑音があるので大学病院で検査を受けてください」と言われて大ショック。家に帰ってすぐに病院に予約を入れました。

そして昨日、大学病院に行き、心電図&胸のレントゲン&超音波(エコー)をとりました。産まれて1ヶ月ちょっとの赤ちゃんに検査を受けさせるのは、かなり辛いものがあります。でも、次女はかなりおとしく検査を受けてくれました。結局、すべてが終わって結果が出るまで3時間ほどかかりましたが、結果は「特に問題なし」。よかった!胸をなでおろしました。

子供が増えると心配事も増えます。とりあえずは、すくすく健康に育ってほしい、とだけ願ってます。

|

2008年4月 1日 (火)

アンナ&クリスティーナ

先日、「さくらん」を観た後に「僕のニューヨークライフ」を観たのですが、土屋アンナとクリスティーナ・リッチって、眉毛と目のあたり(顔全体も)がそっくり!偶然連続して観た映画の主役が似ていて、早くブログに書かなきゃ!と思ったわけです。

今、発売中のFLASH特集号でも写写丸さんのページがあり、とても面白かった。特にボブ・サップの頭のしわに似ている梅干しなんて笑えました!

|

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »