« すごい絵本 | トップページ | 笑い声をあげました! »

2008年6月 9日 (月)

「LOST」シーズン4

LAを拠点にするフィルムメーカー、小西未来氏のアメリカドラマ批評は「映画コム」のコラムの時からお世話になっています。今はブログ"Stolen Moments"(http://www.miraikonishi.com/)も愛読中。「LOST」のシーズン4の放映が終わり、その最終エピソードが非常に感動的だったと書いてありました。シーズン3の終わり方で衝撃を受けた私としては、とにかく早く見たい!の一言。DVDは、いつ発売になるんだろう?かなり先だろうなぁ。うう、アメリカに住みたい。

WOWOWで放映された「恋するブライアン」はJJエイブラハム製作のラブコメディということで、期待して見たのだけど、何と言うか、役者に感情移入できない。もう少し(見た目も演技力も)レベルの高い役者を選ぶことはできなかったのだろうか?ちょっと残念。

NHK衛星でやっている「ダメージ」は、グレン・クローズが出ているだけに不気味な怖さたっぷり。主人公の若手弁護士エレンの声が、「ER緊急救命室」のニーラと同じです。「ER」のシーズン12を字幕で見た時、ニーラの本当の声(役者の声)を聞いて、吹替版との声の違いにびっくりした覚えがあります。

そういえば「セックスアンドザシティ」の映画版、今アメリカで興行収益ナンバー1なんですね!なんだかすごく昔に見たドラマ、という感じですけど。このドラマでは「嘘をつくなら、最後まで突き通す覚悟でつけ!」と主人公に言いたい気持ちを強く持った覚えがあります。罪悪感から逃れるために本当のことを言ったとしても、そのことで相手を傷つけるなら嘘よりひどいと思う。でも、映画版は早く見たい!

久しぶりにアメリカテレビドラマのお話でしたdelicious

|

« すごい絵本 | トップページ | 笑い声をあげました! »

「映画・テレビ」カテゴリの記事