« チリも積もれば | トップページ | 4ヶ月健診 »

2008年7月 9日 (水)

幼い頃に覚えた歌

幼稚園児だったころ、ピンポンパンとポンキッキをいつも見ていました。今でもその中でかかった歌は覚えています。

ピンポンパンでは「ぼーくの金魚が食べられたぁ 憎い、憎い、隣のどら猫」という歌。ポンキッキでは、やはり「およげ!タイヤキくん」、そして「パタパタママ」「ホネホネロック」など。今でも思わず口をついて出てしまうときがあります。「山口さんちのツトムくん」は何の番組だったかなぁ?

ビデオやDVDがなかった時代なので、レコードにお話が入っている“ソノシート”をよく聴きました。特に覚えているのが「白雪姫」で、小人たちと白雪姫がこう歌います。

(悲しげなメロディーでnote
小人たち  「でも ちょっぴり 心配だ」
白雪姫   「もう心配は いらないわ」
小人たち  「いつかは お城に帰るんだろう?」
(明るい調子に変わってnote
小人&姫  「先のことは 先のこと 愉快にラララララ 明るくラララララ」

娘に「白雪姫」を読んでと言われると、必ず歌ってあげたくなりますsmile

小学生になると、毎週土曜日の夜が楽しみでした。7時から「日本むかし話」、7時半から「クイズダービー」、8時から「ドリフの大爆笑」、9時から「Gメン75」。母親が寒天のフルーツ添えを用意してくれて、それを食べるのも幸せでした。

ピンクレディーの歌を、娘が一緒に踊ってくれるのが何より嬉しい。しかし、昔の歌はハッキリと覚えているのに、最近覚えた固有名詞は出てこないのが悲しいですcoldsweats01

|

« チリも積もれば | トップページ | 4ヶ月健診 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事