« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月21日 (日)

久しぶりの映画

最近はドラマばかりだったので、DVDとはいえ、久しぶりに映画を観ると「やっぱり私は映画が好きだなぁ」としみじみ思います。

昨日は黒澤明の「七人の侍」。日本語だから長女も大丈夫だろうと思って観たら、およそ3時間半もあるため、さすがに落ち着いてはいられず、私を質問攻めにしたり、ちょっかいを出したり。長女には悪いと思いつつ、でも観たいので「静かにしてなさい!」と言い続けてイライラがたまる最悪のパターンでした。

吉永小百合主演の「母べえ」は長女も楽しんで観てました。子供がでてくる映画はやはり感情移入がしやすいのかもしれません。浅野忠信って、なかなかいいですね。彼の映画は殆ど観たことがなかったのですが(あまりにも出演作が多いので敬遠していたsweat01)、観てみたいです。

あとはミュージカルの「ヘアスプレー」は長女と一緒に楽しむために日本語吹替えで観ました。クイーン・ラティファー、カッコいいgood トラボルタの女装、かなり怖かった。

1人で落ち着いて観たのは、「サラエボの花」と「題名のない子守唄」。両方とも、悲しい過去を持つ女性が主人公。子を産んだことのある女性として、深く考えさせられる映画でした。

ドラマ「LOST」のジャックが出ている「バンテージ・ポイント」は、ちょっと期待しすぎたせいか、がっかりでした。ジャックが悪者なんて!と思ってしまうせいでしょうね。

|

2008年9月19日 (金)

郵便ポスト?

200809172033000

これ、何だか分かりますか?

今やまったく出番のなくなったビデオデッキです。

ごっこ遊びが大好きな長女は、いろんな役を自分と私に割り当て、なりきって演技をします。全部、セリフは自分で考えて、私に言わせます(将来、脚本家かな?)。

先日は「ママ、お手紙出してきてあげる」と言うので「ああ、お願いね」と適当に返事をしておきました。ごっこ遊びに真剣に付き合っていると身が持ちませんのでcoldsweats01

そして昨日そうじをしながら、ふと見たらビデオデッキにお手紙が入っているではありませんか!
確かにポストの口に似ているgood子供の観察眼、あなどれません。

料理をしている間、ノリノリの音楽を聴いて台所で気持ちよく踊っていたところ、そばに座らせていた次女のぷくぷくの足が動いているのを発見。おお、この子も音楽と踊りが好きなのねmusicうれしい。

単なる思い込みであっても、楽しいひとときでしたshine

|

2008年9月17日 (水)

cognizant

アメリカの作家Edgar Allan Poe (1809-1849)の言葉です。

   Those who dream by day are cognizant of many things
   which escape those who dream only by night.

   昼に夢を見るものは
   夜しか夢を見ないものには見えない多くのことを知る。

be cognizant of「〜を認識している、知っている」という単語は知りませんでした。

webを開くと、最初に「今日の名言」が出るようにしてあるのですが、ほとんど素通りして読んでいませんでした。今日は珍しく目をとめて、あれ、意味が分からない単語がある、早速、辞書でひいてみよう、と思い立ったわけです。こうやって調べた単語は記憶にとどまりやすいですね。

今日は次女のポリオ接種の日。雨だから憂鬱ですrain

|

島本理生のエッセイ

CHICAライフBookCHICAライフ

著者:島本 理生
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「ナラタージュ」ですっかりファンになった島本理生さんの初エッセイ。ViViに連載されてた、ということで私よりも一回り下の世代向けだなcoldsweats01と切なくなりつつ、その面白さに爆笑。かなり赤裸々に私生活を語ってくれています。

私がこうしてブログを始めて1年半以上が経ちますが、改めて文章を書くことの難しさを痛感しています。新聞や雑誌の書評をよく読みますが、本を批評するにも文章力が必要ですね。「この本、買うしかない!」という気にさせるには、それない、いや、かなりの技術が要るわけです。私なんて、読んだ本の感想は「面白かった」「笑えた」「胸にしみた」「参考になった」とぶっきらぼうにしか書けません。

    自分が感じたことを、うまく言葉で表現できたら。

    なんてステキでしょう。

そう思いながら、これからもずっと本を読み続けます。

|

2008年9月10日 (水)

スクランチーとは?

日頃、何気なく使っている日本語で、英語にすると「そんな単語になるのか!」と驚く言葉が時々ある。

今回は女性が髪を束ねる時に使う「シュシュ(Chou Chou)」はフランス語なんですね。英語では「スクランチー(scrunchy)」。「シュシュ」と聞けば可愛いイメージだけど、「スクランチー」じゃオシャレじゃない。何かをくしゅくしゅにする、というscrunchからきているわけだけど、アクセサリーはもっと響きのいいものがいいと思う。アメリカで「シュシュ」と言っても通じないのだろうか?今度、試してみたい。

|

2008年9月 3日 (水)

あの人がこんなところに!

WOWOWで再放送した「Sex and the City」全エピソードを暇を見つけて観ています。ついさっき「グレイズ・アナトミー」のミランダ・ベイリー先生(通称:ナチ)が、ビラをまくサマンサを注意する警官役で出ていたのを見てびっくり!こういう発見、大好きです。

主人公のキャリーはコラムニストなので、彼女がパソコンに向かって文章を書く姿が多いのですが、その部屋着がどれも着心地がよさそう。時には「私はこれは着ない」と思う奇抜な服もありますが、ファッションに命かけてるキャリーにはピッタリです。

観るのは2度目ということで、字幕に頼らず、なるべく英語のセリフを聞き取るようにしています。結構、シャレが多くて面白いし勉強になる。でも、かなり字幕翻訳者泣かせのドラマだと思います。

最後のエピソードを観終わるころには、もう映画版のDVDがレンタルされてたりして!早く観ないと。次には「独眼竜」が控えています。

|

2008年9月 2日 (火)

小さな親切

赤ん坊をバギーに乗せてスーパーで買い物をするのは大変。片手でバギーを押しながら、片手でカゴに入れる。レジでお金を払ってから、エコバッグを持っていればその場で買った物を入れてしまうけど、持ってくるのを忘れてレジ袋を渡されると、バギーを押し買い物かごを持って、また別のテーブルに移ることなる。

今日、あるスーパーで同じ状況になったのだが、驚いたことに、レジの女性が、買った物をパパっと袋に入れてくれたhappy01 頼んでもいないのに入れてもらったのは初めて。他のお客がいなくてすいている時、レジの人に「入れてもらえますか?」と頼んだことはある。こういう思いがけない親切、すごく嬉しい。ほとんど期待していないだけに。きっと、彼女にも子育て経験があるんだろうな。私も困っているママさんがいたら、必ず手助けしようと思ってる。

次女も今日で6ヶ月。離乳食もよく食べてくれる。明日、6ヶ月検診に行って体重をはかるのが楽しみchick

|

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »