« あの人がこんなところに! | トップページ | 島本理生のエッセイ »

2008年9月10日 (水)

スクランチーとは?

日頃、何気なく使っている日本語で、英語にすると「そんな単語になるのか!」と驚く言葉が時々ある。

今回は女性が髪を束ねる時に使う「シュシュ(Chou Chou)」はフランス語なんですね。英語では「スクランチー(scrunchy)」。「シュシュ」と聞けば可愛いイメージだけど、「スクランチー」じゃオシャレじゃない。何かをくしゅくしゅにする、というscrunchからきているわけだけど、アクセサリーはもっと響きのいいものがいいと思う。アメリカで「シュシュ」と言っても通じないのだろうか?今度、試してみたい。

|

« あの人がこんなところに! | トップページ | 島本理生のエッセイ »

言葉について」カテゴリの記事